YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします

【DBD用語】「オブセッション」とは?

デッドバイデイライト(DBD)で使われている「オブセッション」について解説します。

スポンサード リンク

「オブセッション」とは?

「オブセッション」は、通称「オブセ」とも言われ、サバイバーやキラーが儀式に持ち込んだ一部のパークやアドオンによって発動するシステムです。

「オブセッション」が発動すると、1人のサバイバーはキラーの執念の対象(オブセッション)に選ばれます。

オブセッションがいる場合、ステータスアイコンの周りにエンティティのツメが出現することで確認できます。

Obsession2

「オブセッション」のメリット・デメリット

「オブセッション」システムが発動することにより、サバイバーやキラーが儀式に持ち込んだパークやアドオンを推測することができます。

「オブセッション」が発動するパークやアドオンは以下の通りです。

オブセッションを発動するパーク

サバイバーパーク
  • 人々のために(ザリーナ)
  • 血の協定(シェリル)
  • 唯一の生存者(ローリー)
  • 執念の対象(ローリー)
  • 英雄の奮起(アシュレイ)
キラーパーク
  • リメンバー・ミー(ナイトメア)
  • 怨恨(スピリット)
  • 闇の信仰心(プレイグ)
  • 隠密の追跡(ゴーストフェイス)
  • 天誅(鬼)
  • 最後のお楽しみ(シェイプ)
  • 弄ばれる獲物(シェイプ)
  • 消えゆく灯(シェイプ)
  • 死人のスイッチ(デススリンガー)

オブセッションを発動するアドオン

サバイバーのアドオン
  • 珍しい結婚指輪
キラーのアドオン
  • 黒い箱(ナイトメア)
  • ジュディスの日記(シェイプ)
スポンサード リンク
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。
2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.
error: Content is protected !!