YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします

【DBD】今週の聖堂(シュライン)20年9月2日更新

デッドバイデイライト(DbD)で、2020年9月2日から9月9日まで取得できる「今週のシュライン・オブ・シークレット」をご紹介します。

スポンサード リンク

今週のシュライン(聖堂)のラインナップは?

デッドバイデイライト(DbD)では、毎週水曜日に「シュライン・オブ・シークレット(聖堂)」が更新されています。

2020年9月2日から9月9日まで取得できるパークのラインナップは、以下の4つです。

聖堂のサバイバーパーク

セルフケア(クローデッド・モレル)

「セルフケア」は、生存者のクローデッド・モレルの固有パークです。

「セルフケア」のティーチャブル・パークは、クローデッドをレベル40まで上げるとブラッドウェブ上で解放することができますが、聖堂で購入すればすぐに解放できます。

「セルフケア」は回復アイテムを使わずに、通常の50%の速度で自己治療ができます。また、自分の治療に使う回復アイテムの効率が最大20%上昇します。

セルフケアパーク効果
回復アイテムを使わずに、通常の50%の速度で自己治療ができるようになる。
自己治療に回復アイテムを使うときの効率が10/15/20%上昇する。

ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ(ケイト・デンソン)

「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」は、ケイト・デンソンの固有パークです。

「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」のティーチャブル・パークは、ケイトをレベル35まで上げると解放することができます。

ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」の効果は、20メートル以内のパレットや窓のオーラを視ることができます。逃走中にパレットを乗り越えたり倒したりすると、最大20秒間のクールダウンを必要とします。

ウィンドウズ・オブ・オポチュニティパーク効果
潜在的なオーラ可視能力を解放する。20メートル以内のパレット、破壊可能な壁、そして乗り越えの位置のオーラを視ることができる。
逃走中にパレットを乗り越えたり倒したりすると、ウィンドウズ・オブ・オポチュニティは30/25/20秒間のクールダウンを要する。

聖堂のキラーパーク

残心の戦術(鬼)

「残心の戦術」は、鬼の固有パークです。

「残心の戦術」のティーチャブル・パークは、鬼をレベル30まで上げると解放することができます。

「残心の戦術」は、全てのパレットと乗り越えの位置のオーラが24メートル範囲で視えます。生存者が負傷している場合、このパークは最大30秒間無効となる。

残心の戦術パーク効果
潜在的なオーラ可視能力を解放する。あなたは神経が敏感になり、戦場の要所を把握できるようになる。
全てのパレット、破壊可能な壁、そして乗り越えの位置が24メートル範囲で視えるようになる。
生存者が負傷している場合、斬新の戦術は40/35/30秒間無効となる。

無慈悲の極地(デモゴルゴン)

「無慈悲の極地」は、デモゴルゴンの固有パークです。

「無慈悲の極地」のティーチャブル・パークは、レイスをレベル35まで上げると解放することができます。

「無慈悲の極地」は、発電機の修理が完了するたび、修理が完了した発電機から24メートル以内の範囲にある全ての窓と乗り越え可能な地形が最大30秒間封鎖されます。

無慈悲の極地パーク効果
獲物が逃走を試みると、別世界とのつながりが姿を現す。
発電機の修理が完了するたび、修理が完了した発電機から24メートル以内の範囲にある全ての窓と乗り越え可能な地形が20/25/30秒間封鎖される。
生存者は封鎖された地点で乗り越えることができない。封鎖中、殺人鬼には無慈悲の局地で封鎖された場所のオーラが見える。

おすすめパークは最優先は「セルフケア」

今回のシュライン・オブ・シークレットのおすすめは、クローデッド固有パークの「セルフケア」です。まだ、デッドバイデイライト初心者でティーチャブルパークを解放していない方は、最優先で取得すべきパークです。

このパークを取得しておけば、多少時間はかかるものの自己治療で無傷状態にできるため、生存時間を延ばすことができます。

もし所有しているイリデスントシャードに余裕があれば、「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」も是非取得しておきたいパークです。

キラーとのチェイス時に、板や窓枠の位置・形状・個数をひと目で確認できるため、チェイスの時間を大幅に伸ばすことも可能になります。

キラーのパークに関しては、上記のサバイバーパークと比べると、持っていなくても問題のないパークなので、すぐに取得する必要はないと思います。

最新のシュライン・オブ・シークレットはこちらをご確認ください。

スポンサード リンク
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。
2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.
error: Content is protected !!