YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします

【DBD】キラーの脅威範囲(心音範囲)まとめ

デッドバイデイライト(DBD)に登場するキラー(殺人鬼)の脅威範囲(心音範囲)をまとめてご紹介します。

スポンサード リンク

キラーの脅威範囲(心音)まとめ

今回ご紹介するキラーの脅威範囲(心音範囲)は、各々のキラーが持つ基本能力値になります。

固有のパークやアドオンによる効果は含めていませんのでご注意ください。

キラー心音範囲
シェイプ
(マイケル)
6m
ハントレス20m
デススリンガー24m
ハグ24m
スピリット24m
トリックスター24m
その他キラー32m

最も脅威範囲が狭いのはシェイプ

キラーがサバイバーに近づいてくると、ある一定の地点で「ドクッ!ドクッ!」という心臓の鼓動(心音)が聞こえてきます。

この心音が聞こえる範囲を脅威範囲(心音範囲)と言います。

多くのキラーの脅威範囲は、32mとなっています。

その中で最も脅威範囲(心音範囲)が小さいのが 「シェイプ(マイケル)」です。

シェイプの脅威範囲は、レベル1で6m、レベル2で16m、レベル3で32mに変化します。

マッチ開始時のシェイプの驚異範囲は小さいため、「凍り付く背筋」のようなパークを装備していなければ、サバイバーに接近しても気付かれにくくなっています。

次いで、脅威範囲が狭いのは20mの「ハントレス」、24mの「デススリンガー」、「ハグ」、「スピリット(山岡凛)」となっています。

脅威範囲が32mの場合、サバイバーはキラーの心音が聞こえても、キラー側からは見つかっていない可能性があります。

一方、脅威範囲が20mの「ハントレス」は、心音が聞こえ始めた時点で、サバイバーを発見していることが多くなります。

スポンサード リンク
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。
2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.
error: Content is protected !!