YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします

【DBD/Switch】Ping値(ラグ)を確認する方法

デッドバイデイライト(DBD)のSwitch版で、Ping値を確認する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Ping値は「ラグさ」の指標

「Ping値」は、データの送受信にかかる時間を数値化したものです。Ping値が低ければ低いほど、操作の遅延(ラグ)も少なくなります。

デッドバイデイライト(DBD)の場合、Ping値が50以下であれば、操作の遅延(ラグ)を感じない快適な状態となります。

Switch版「DBD」でPing値を確認

ロビー待機中にPingを確認する方法

まず、ロビー待機中に大まかなPingを確認する方法をご紹介します。

ロビー待機中にサバイバーが4人、キラーが1人揃った状態で、マッチ開始まで60秒を切った状態になると、画面右下のDBDロゴの近くにPingのアイコンが表示されます。

Pingのアイコンが緑色の場合は、操作の遅延(ラグ)がない快適な状態となっています。

Ping dbd edit2

この場合は、そのまま儀式に参加して問題ありません。

一方、Pingのアイコンが黄色の場合はややラグい赤色の場合はかなりラグい状態を表しています。

Ping dbd edit1

この場合は一度ロビーを退室してから再度入室し、Pingの状態が良い環境で儀式に参加してみることをおすすめします。

 緑色黄色赤色
Ping値〜99m/s100〜249m/s250m/s〜
ラグさ快適ややラグいかなりラグい

儀式中にPingを確認する方法

儀式参加中にPingを確認する方法は以下の通りです。まず、コントローラーの「+(プラス)」ボタンを押します。

コントローラーのプラスボタンを押す

次に【マッチの詳細】画面に生存者のPing値が表示されます。

Ping dbd1

このPing値もチェックして、遅延(ラグ)が発生しやすい状況なのかを簡単に確認できます。

Ping値が低下する原因

Switch版DBDの場合、スピリット(山岡凜)が登場する儀式は、体感的にとても遅延(ラグ)が起こりやすく、Ping値も高くなることが多いです。

また海外サーバーに接続された時や、自分の通信環境がWi-Fiであることも原因となる場合があります。

たとえ有線接続でDBDをプレイしていても、Switch以外のデバイス(パソコンやタブレット、スマートフォンなど)でインターネット接続をしていたり、YouTubeの動画を視聴しているとPing値が低下する原因にもなります。

心当たりのある原因をひとつずつ確認してみてください。

以上、デッドバイデイライト(DBD)のSwitch版で、Ping値を確認する方法をご紹介しました。

スポンサード リンク
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。
2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.
error: Content is protected !!